回到网站

ジル サンダー 2022年秋冬コレクション - 内に秘めたる強さ

ジル サンダー(JIL SANDER)の2022年秋冬ウィメンズコレクションが発表された。

強さを秘めた女性像

今シーズン、ルーシー&ルーク・メイヤーが描き出すのは、内なる強さを秘めた女性像。シグネチャーアイテムは、伝統的なサルトリアルスタイルをモダンにアップデートしたダブルブレストジャケットだ。ジルサンダー男性服のテーラリングをベースにしつつも、ウエスト部分になめらかな曲線を描くことで、女性らしい柔らかなシルエットに仕立てた。メイヤー夫妻が就任以来追求し続けているフェミニティとマスキュリンの対比が、より色濃く表れているようにも感じられる。

 

静と動の同居

このダブルブレストジャケットを筆頭に、秋冬シーズンの要となるアウター類は構築的なデザインが主流。彫刻的なフォルムのショートケープやシャープなシルエットのノースリーブコートなど、激しい主張は無くとも、確固たる信念を感じさせる“静”のピースが揃う。

こうした“静”の要素と“動”の要素を1つのルックの中に同居させ、コントラストを楽しむのもメイヤー夫妻ならでは。構築的なアウターには、フレアな裾やシルクの布地が生き生きと揺れ動くスカートやドレスをスタイリングした。

 

ビッグリボンがキーモチーフ

コレクションに遊び心をプラスするのは、印象的なモチーフやパターン。中でも今シーズン多用されたのがビッグリボンだ。ミニ丈ワンピースの胸元やロングドレスのストラップ、ロングジレの襟もとなどに、大胆に装飾している。全面に花柄のギピュールレースをあしらったロングドレスや、星座モチーフのキルティングコートも、コレクション全体にリズムをもたらした。

足もとには、メタリックなパーツを配したチェルシーブーツや、シルバー&ゴールドに輝くスクエアトゥのパンプスを合わせてエッジィに。新作のエンベロープバッグにはロングストラップが付属しており、躍動感のあるルックを演出するのに一役買っている。

 

【関連記事】:http://hotc.jp/diary.cgi

 

所有文章
×

快要完成了!

我们刚刚发给你了一封邮件。 请点击邮件中的链接确认你的订阅。

好的订阅由Strikingly提供技术支持。